2020/03/25

梅の開花状況(2020年3月25日更新)


■3月25日
風が冷たい日が続いていますが、梅の花は風に負けず咲いています。
梅園全体の約7割は見頃となっております。一部早咲きの品種の物は見頃を過ぎてしましましたが、今日も梅園はお客様の姿も多く賑やかな様子です。

「都錦」


「玉牡丹」







■3月21日
昨日から「梅を観る会2020」が始まりました。
強風に見舞われた昨日とはうって変わって穏やかな梅園です。
全体の9割近くの梅が見頃を迎えています。
強い風に吹かれても散ることなく咲く梅に力強さを感じました。

「今朝の梅園の様子」
暖冬の影響か、遅咲き早咲きどちらの品種も一気に咲きそろいました。
梅は本来品種によって開花時期が違うのでこれだけ咲きそろうのは珍しいのではないかと思います。


「春日野」花びらが白とピンクの花を咲かせています。


「品種不明」


「大盃」






■3月18日
梅を観る会を前に早くも梅園全体が見頃を迎えています。
全体では9割以上が開花し、うち7割の梅が見頃を迎えています。
今日は平日にもかかわらず、梅園は多くの方で賑わっていました。

例年よりも早く見頃を迎えております。実際に梅を観て、春の訪れを感じて下さい!


「筋入月影」


品種不明









■3月13日
ここ数日で、梅の花が一気に咲き進みました。
暖冬の影響で全体的に開花の進みが早く、すでに見頃を迎える梅も多くなり
梅園全体では8割程度の木が開花しており、うち見頃は4割程度です。

伊達政宗公ゆかりの「臥龍梅」も例年より1週間から10日程早く見頃を迎えています。


「大盃」


品種不明ですがうすいピンクで可愛らしいです。


梅園には開園時刻を過ぎると、梅を眺めながら散歩をしたり写真撮影をする人の姿が、
あちこちで見られました。







■3月9日
梅園全体の4割程度が開花し、早くも見頃を迎えた梅が数本確認できました。
開花が進むと共に梅園はほんのりと梅の花の香りが漂っています。

先週末には伊達政宗公ゆかりの「臥龍梅」も開花しました↓


見頃を迎えた「都錦」


「藤牡丹枝垂」 膨らんできた蕾の白と黄緑のコントラストに早春を感じます。





■2020年3月3日
5~6割程度の開花の梅が数本確認できました。

寒紅梅


こちらは、2月20日にもご紹介した梅です。
品種が確認できない梅ですが、7割程度の開花状況です。



■2020年2月20日

開花が徐々に進んでいます。



■​2020年2月14日

前回の梅の開花から10日程たち、ほんの少しですが、開花が進んでいる梅がありますので
ご紹介します。

こちらはり臥龍梅の手前にある梅です。
蕾も膨らんできています。






東屋近くの「冬至梅」は十輪以上開花していました。



今日はあいにくの曇り空でしたが、梅園には梅の開花の情報を聞いたお客様が、
梅を観に来ていました。

開花したばかりの小さな梅の花を見つけるのも楽しいものですよ。